永代供養をお考えなら

永代供養を決める前に確認すべき点

永代供養を決める前に確認すべき点 永代供養は、永代にわたって供養をしてもらうことができます。
そのため、承継者がいなくても暗視できるスタイルです。
ただし、決める前に確認すべき点もあります。
それは、永代とはいっても、一定期間が過ぎれば遺骨は合祀されるため、その期間や取り扱いについては事前に調べておく必要があります。
もちろん、この期間はそこまで短い期間になっているわけではなく、33年や50年などと長くはなっているので、当面の利用に関して問題になることではありませんが、将来的なことを考えておくならやはり知っておきたいポイントです。
永代供養のサービスの中身についても調べておくべきでしょう。
特に、承継者がいる場合は、お墓にお参りする人がいるので、その人たちが利用しやすいかどうかも考えておくために、具体的な仕組みを調べておくべきです。
永代供養墓の仕組みは運営する主体ごとに結構な違いがありますので、疑問点は問い合わせて確認しておきましょう。

年々「永代供養」が増えてくるであろう理由とは?

年々「永代供養」が増えてくるであろう理由とは? 近年増え続けている永代供養ですが、増えている理由については現代社会における事情が大きく関わっていると言えます。
地方の田舎では今でも代々続いて供養をしている先祖代々のお墓があり、それを守っていくものとしての墓守は長男に任せられることが多いものです。
しかしながら、現代社会において、田舎から都会に大学進学のために出るという方も多くなり、就職する際に田舎に帰って就職するという事なく都会で就職し自分の家族を持つという方も増えています。
そういった事情から永代供養はこれから先も増え続けていく供養スタイルになります。
先祖代々のお墓を守ることができなくなった場合、永大供養という新しい形の供養をすることで、先祖代々のお墓を粗末に放置する事なくご先祖の供養をするという事ができるという事で、現代社会に生きる人々において年々定着していく供養形態なのです。
時代の移り変わりに伴い、お墓事情も進化を遂げていると言って良いでしょう。

新着情報

◎2018/3/12

永代供養で入れかえはある?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

永代供養は管理費が不要なの?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

「永代供養」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「永代 墓」
に関連するツイート
Twitter