永代供養は管理費が不要なの?

永代供養は管理費が不要なの?

永代供養は管理費が不要なの? 近年は、遺骨を納めるにあたって、永代供養を選択する遺族は少なくありません。
その永代供養をするにあたって気になる点の一つは、管理費を支払う必要があるかどうかです。通常、お墓や納骨堂に遺骨を納めると、決められた時期に管理費を支払わなければならないのが一般的ですが、永代供養の場合にこの費用を支払う必要があるかどうかは、納骨をした施設によって異なります。
例えば、ある施設では合祀墓に遺骨を納める際に数万円から数十万円のお金を支払えば、追加料金を支払うこと無くずっと維持管理をしてもらうことができます。また、別のある施設では、申し込む際に支払う費用の中に永代管理費とよばれる項目が含まれており、他の費用と一緒に支払うことで墓地や納骨堂が存在し続ける限り、ずっとその場で管理してもらえます。
このように請求のされ方の違いはあるものの、永代管理料は一括払いとし、通常の管理料とは異なる請求方法をとっている施設が多いです。

永代供養の管理は誰が行うの?

永代供養の管理は誰が行うの? 永代供養の管理は誰が行うのかというと、日本では管理運営の主体は、寺院納骨堂、公営納骨堂、民営納骨堂の3種類に分かれます。
そのため、寺院にある納骨堂および永代供養墓へ埋葬した場合は寺院のお坊さんや御住職が行ってくれます。
公営の場合は都道府県や各自治体が運営、管理を行います。公営の為費用が他と比べて安く、非常に人気が高く、募集人数よりも応募が上回る事が多いです。そして、民営と違い募集を行う期間が決まっており、さらにその地域に在住の人などと条件がいくつかあります。抽選に当たらないと入れないという事もあります。
民営の場合は宗教法人や財団法人などが行います。その納骨堂を民間業者が販売、運営していくシステムで、選択肢が多いのが魅力です。非常におおくの企業がありますので、価格や立地条件の良さ、プランの内容などを良く検討してご自分や故人の考え、ライフスタイルに合ったものを見つける事が出来ます。
どちらも一度足を運んでご自分の目で確認するのがお薦めです。

新着情報

◎2018/3/12

永代供養で入れかえはある?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

永代供養は管理費が不要なの?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

「永代供養」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「墓 管理」
に関連するツイート
Twitter