永代供養をお考えなら

こちらのホームページでは、永代供養のことを扱っています。
依頼の流れをはじめとして、どのような人に適しているのか、費用はどれくらいかかるのか、永代使用との違いは何なのかなどについての情報を提供しています。
そのため、永代供養を知らない人が見ることで、それは何なのかについて知ることができます。
お墓のことを考えなくてはならいない場合、情報を集めてから選んだほうが適切な選択ができますので、見ておくことをおすすめします。

永代供養の依頼の流れ

永代供養の依頼の流れ 永代供養は、お寺がずっと供養と管理をしてくれるものです。
お墓は、他の人と同じ共同墓地を利用することになります。
初めに永代供養料を支払えば管理費などを後で取られることはないため、親族の負担は軽くなります。
また、無縁仏となることは有りませんので安心です。
依頼の流れば、墓地の管理者に申し込みを行います。
生前に申し込みを受け付けているところもありますので、自分のお墓は共同墓地にしたいという方が生前に申し込むこともできます。
永代供養料を支払うことになりますが、この費用は50万円前後となっています。
もちろん、地域によってはこれよりも高くなる場合もありますが、永代使用料とは違って一度だけの出費となるのが特徴です。

永代供養と納骨堂はどっちが人気?

永代供養と納骨堂はどっちが人気? 永代供養とは、共同墓、単独墓など、一般的な墓と同じように外にあるお墓で供養をする方法です。
こちらのメリットは、墓地や霊園の管理者が供養をしてくれるため、承継者がいない場合やなかなかお墓に行くことができない遠方に住んでいるという場合に、負担にならないということです。
注意点は、永代とはいっても期限が定められていることがある点です。
特に、単独墓を利用するタイプは、期限を過ぎると共同墓に改葬されるようになっていることがありますので、規約をきちんと見ておく必要があります。
納骨堂は、建物の中に納骨するスペースがあり、そこに納骨をするタイプのものです。
これにも多様なタイプがあり、内部に室内墓があるタイプや、ロッカーになっているタイプなどがあります。
こちらも、利用期間が定まっていることが多く、期限隠れ場契約更新をする必要があります。
このような特徴を持つ永代供養と納骨堂ですが、いずれが人気かというと、明確には言えません。
それぞれの家族の事情によって適しているスタイルがことなるので、自分たちが置かれている状況に適した選択肢を選ぶ傾向にあります。
そのため、選ぶ際には利点や費用などを総合して選ぶのがポイントです。

おすすめ関連リンク

全国福利厚生共済会(プライム倶楽部)パンフレット MLM - NAVER まとめ

新着情報

◎2018/3/12

永代供養で入れかえはある?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

永代供養は管理費が不要なの?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

「永代供養」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「永代供養」
に関連するツイート
Twitter